BotBonnie 利用規約

本利用規約(以下「本規約」といいます)には、当社Appierのグループ会社(BOTBONNIEINC.を含みますがこれに限りません。Appier側の締約者は申込書及び/またはオンライン取引履歴の記載に準じます)が提供するBotBonnieチャットコマースプラットフォームサービスの利用における遵守事項、及び当該サービスの利用にあたり、当社とユーザーの皆様との間の権利義務関係が定められております。本サービスの利用をお申し込みいただく方は、お申し込み前に、必ず全文お読み下さい。

第1条 適用範囲

  1. 本規約は、本サービス(第 2 条に定義)の利用に関する当社とユーザー(第 2 条に定義)との間の権利義務関係を定めることを目的とし、ユーザーと当社の間の本サービスの利用に関わる一切の事項に適用されます。なお、当社のプライバシーポリシー(https://www.appier.com/privacy-policy/,今後随時修正するバージョンを含む)は本規約の一部とみなします。当社は、当社の独自の裁量で、事前通知なしで本規約を随時変更もしくは改正できるものとします。ユーザーは、本サービスを利用し続けることにより、改定後の本規約に同意したものとみなします。
  2. 当社が当社ウェブサイト(第 2 条に定義)上で随時掲載する本サービスに関するルール、諸規定等は本規約の一部を構成するものとします(当社ウェブサイトに掲載する本サービスに関するルールやその他の諸規定等を含みます)。
  3. 当社は現段階において(i) 未成年者もしくは(ii)欧米に在住する消費者を主なターゲットオーディエンスとしたい利用者に本サービスの提供を致しません。ご理解頂ければ幸いです。
  4. 当社は、当社の裁量をもって本サービスに関するいかなる申込(申込者は個人または法人に関わらず)を承諾しまたは拒否することができるものとし、またいかなる場合においてもその根拠または理由を開示する義務はありません。

第2条 定義

本規約において使用する以下の用語は各々以下に定める意味を有するものとします。

  1. 「ユーザー」とは、当社との間で本サービスの利用契約を締結した利用者を意味します。
  2. 「消費者」 とは、指定チャンネルとインターアクションをする最終消費者を意味します。
  3. 「指定チャンネル」とは、ユーザーが本サービスを導入し、消費者とのインターアクションができる第三者が提供するプラットフォームまたはメッセージングサービス(Facebook ファンページやLINEオフィシャルアカウントなどを含みますがこれらに限りません)。
  4. 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含む)を意味します。 
  5. 「当社ウェブサイト」とは、当社が運営するメインドメイン「appier.com」または「botbonnie.com」に属するすべてのウェブサイトを意味します(理由を問わず、当社のウェブサイトのドメインもしくは内容が変更された場合は、当該変更後のウェブサイトを含みます)。
  6. 「本サービス」とは、当社グループ(当社及び/または当社の関連企業)が提供する“BotBonnie”という名称が入っているサービスを意味します(理由を問わず、サービスの名称もしくは内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含みます)。当社は、当社の独自の裁量で、事前通知なしで本サービスの範囲や内容を随時変更できるものとします(本サービスの一部もしくは全部の機能変更もしくは提供中止を含むがこれらに限りません)。
  7. 「申込情報」とは、ユーザーが本サービスを利用することにあたり当社が定める方法をもって(書面及び/または電磁的方法)提出する全ての情報を指します。
  8. 「利用契約」とは、ユーザーが本サービスの利用にあたり署名しまたは同意したいかなる書類を指します(申込書(もしあれば)や本規約、またはそのほか当社が提供する本サービスの利用に関するガイドラインや制限に関する全ての資料を含みますがこれらに限りません)。また、当社とユーザーが別途で申込書、オーダーフォームまたはそのほか類似する契約を締結し、その内容が本規約と齟齬がある場合は、当該締結された書面約定が優先的に適用されるものとします。
  9. 「有効期間」とは、第18条に定義された意味を有します。
  10. 「サードパーティーサービス」とは、ユーザーが(i) BotBonnieチャットコマースプラットフォームに登録またはログインし、及び/または(ii)消費者とインターアクションするチャンネルを設立するために用いる第三者が提供するプラットフォーム及び/またはメッセージングサービス(FacebookやLINEなどを含みますがこれらに限りません)を指します。

第3条 申込情報の変更

ユーザーは責任をもって当社に提供する全ての情報が最新なものであることを保証すべきであり、申込情報及び/もしくはそのほか当社に提供した情報(例えば、ユーザーの基本情報、連絡情報、または指定チャンネルのフォロワー数など)に変更があった場合、ユーザーは滞りなく、当社の定める方法により、当該変更事項を当社に通知し、当社から要求された情報を提出するものとします。当該変更により、利用契約に違反することとなると当社が判断した場合には、当社は利用契約を直ちに解約できるものとし、一切責任を負わないものとする。

第4条 ユーザーアカウントの管理

  1. ユーザーが正式に本サービスの利用を始める際に、ユーザーは当社の指示に従い、BotBonnieプラットフォームでのアカウントを作り(以下「ユーザーアカウント」という)、ID及びパスワードを設定するものとします。
  2. ユーザーはアカウントの管理及び保管に関する全責任を負うべきものとし、いかなる場合においても第三者にアカウントの利用を許し、またはアカウントを第三者に貸し、譲渡、売り渡すことをしてはなりません。
  3. ユーザーは、ユーザーのアカウントの不正利用に関わる行為(ユーザーの故意または過失による行為、又は授権されていない第三者の行為)により生じたすべての損害について責任を負うべきであり、且つ当社は前記の状況においてユーザー及び/もしくはいかなる第三者に対し何らかの責任も負いません。
  4. ユーザーの認識の有無を問わず、ユーザーは所有するアカウントの利用におけるすべての行為に対し全責任を負うものとします。パスワード又はアカウントがハッキングされることが発覚した場合、ユーザーは滞りなく当社に知らせるべきであり、且つ当社の指示に全面的に従うものとします。

第5条 サードパーティーサービスの利用について

  1. ユーザーは、本サービスを利用して、第三者が提供するサードパーティーサービスのチャンネルにて情報を発信する場合、本規約の約定や当社の指示のほかに、サードパーティーサービスの提供者が制定したすべての規約にも遵守しなければなりません。ユーザーが本項に違反した場合、当社は通知することなく本サービスを一時停止または終了することができます。
  2. 当社が(i)ユーザーとの間の権利義務及び/または(ii)本サービスの内容について、サードパーティーサービスに関する規約や制限に応じて調整する必要があると判断した場合、ユーザーは随時に当社に協力し必要な対応を取ることに同意する。
  3. ユーザーの責に帰すべき事由により、サードパーティープラットサービスの規約に違反することが生じたため、サードパーティーサービスの提供者が当社にいかなる権利を主張し、また当社のサービス提供や運営に影響を及ぼすいかなる措置を取る場合、ユーザーは当社がこれにより被ったいかなる損害(当該サービス提供者が当社に要求する賠償金額、懲罰的損害賠償、訴訟費用及び弁護士費用などを含みますがこれらに限りません)を賠償しなければなりません。
  4. 疑義を避けるために記すと、双方当事者の間で別途の書面約定がある場合を除き、サードパーティーサービスに関する費用はすべてユーザーが負担するものとします。

第6条 OPEN API

  1. 当社はユーザーが本サービスを利用できるよう、関連するopen APIを開発し、提供します。ユーザーは当社の指示に従い各openAPIを利用するものとします。また、本サービスの性質を鑑み、当社はopen APIを随時更新できるものとします。
  2. ユーザーは本サービスを利用する範囲内でopen APIを利用しなければなりません。ユーザーは当社が提供するopenAPIを用いて本サービスと競争するいかなるプロダクトまたはサービスを構築してはなりません。

第7条 サービス利用料金及び支払い

  1. 本サービスの利用料金は原則として月額料金であり、また利用する機能の違いや指定チャンネルのフォロワー数に応じて費用を調整できます。ユーザーは当社が指定する方法及び期限で利用料金を支払うものとします。
  2. ユーザーがサービス利用料金の支払を遅滞した場合、ユーザーは年14.6%(適用すべき法律が許容する遅滞利息の上限を超えた場合、当該法律が定める上限を適用する)の割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。
  3. ユーザーは利用契約の約定に基づき解約することができます。但し、当社はいかなる場合であっても、解約前に既にユーザーから当社へ支払われたサービス利用料金を返還する義務を負わないものとします。

第8条 知的財産権の所有権について

  1. コンテンツに関する知的財産権はいつでもユーザーが所有するものとします。ユーザーは、当社に使用を限定する非専属的、撤回不能な、世界全域で有効な,ロイヤリティフリー、譲渡可能なライセンスを付与するとともに、当社に本サービスを提供するための範囲内にコンテンツを再授権、アクセス、閲覧、使用、複製、修正、公開表示、及び配布する権利も付与するものとします。
  2. 当社事前の書面による同意を得た場合を除き、ユーザーはいかなる方法で当社の社名商標、ロゴ、またはそのほかの専有情報(BotBonnieのロゴを含みますがこれに限りません)をいかなる目的のために利用または表示することはできません。
  3. コンテンツを除き、本サービス自体及び本サービスに関連するいかなる要素(サイト構成、プログラミング著作、商標、デザイン、当社が開発し提供するopen APIなどを含みますがこれらに限りません)、前記により派生したもの、及び本サービスの利用により生じた派生著作物に関するいかなる知的財産権及びそのほか専属的な権利(特許権、著作権、営業秘密、KNOW-HOW及び所有権を含みますがこれらに限りません)はいつでも当社または当社のライセンサーが所有するものです。ユーザーは本サービスまたは本サービスからの派生著作物に対しいかなる主張もしてはいけません。本規約に定めがある場合を除き、本サービスの利用への承諾は、いかなる場合においても当社または当社のライセンサーが有する知的財産権に関するライセンスを許諾したとはみなされません。ユーザーは当社または当社のライセンサーが有する知的財産権を侵害するまたは侵害する虞のあるいかなる行為もしてはなりません(逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングを含みますがこれらに限定されません)。
  4. ユーザーは当社が自由に下記事項に従事することに同意する。(a)本サービスの利用及び履行に関連し且つ本サービスから派生するデータの収集、利用、及び派生成果物を作成すること。(b)前述のデータ及びそのほかの情報を統合し、それらのコンピレーション(compilation)及び解析をすること(以下「コンパイルデータ」という)。及び(c)直接または間接的にユーザー(またはいかなる個人の身分)を表明しない方法で、コンパイルデータの派生成果物を利用、複製、変更または作成し、且つそれらのデータを公開及び開示すること。当社は、コンパイルデータ及びそれにより派生する成果物のすべてに対し、一切の権利、所有権及び利益を有する。また、本サービスに関し、または当社が本サービスを提供する期間に得たすべての一般知識、経験、ノーハウ(know-how)、作品及び技術(構想、概念、製造過程及技術方法を含む)は、当社が自由に再利用できるものとする。
  5. ユーザーは、ユーザーがいかなる方法で本サービスにアップロード、転送、入力又は提供する全てのコンテンツ及び素材(テキスト、デザイン、画像、動画、指定チャンネルのフォロワーに関する情報や、当社がユーザーの指示のもとに用意するいかなる素材を含むがこれらに限らない)(以下まとめて「コンテンツ」という)を所有する。また、ユーザーは、コンテンツにおける権利、所有権及び利益(すべての知的財産及びそのほかの専有権利を含みます)を有する一方、コンテンツについて全責任を負うものとします。ユーザーは、ユーザーが本サービスを利用する際に前記のコンテンツを活用、提供、アップロードし、または利用権限を当社に授権するために要する全ての権利を有することを、当社に保証します。なお、ユーザーは、ユーザーがいかなるコンテンツを提供すること、及び当社がそれらを利用することは(1)いかなる第三者の知的財産権に対する侵害または濫用にならないこと、また(2)適用すべきいかなる法律にも違反しないことを、当社に対し保証します。コンテンツまたはコンテンツから派生されたものが第三者の権利を侵害し、または違法やサードパーティーサービスに関する規約に違反することがあった場合、ユーザーが責任をもって対処するものとします。第三者のコンテンツに関するいかなる主張について、当社は責任を負わないものとします。当社は原則としてユーザーが指定チャンネルを通じて発信する情報を事前に審査しませんが、当社が不適切な状況を察知しかつ必要と判断した場合、ユーザーに発信内容の変更を要求し、またはサービス提供を拒否することができます。

第9条 ユーザーの責務

  1. ユーザーは、内部分析及び/または消費者の関与程度の向上の目的に限り本サービスを利用するものとすします。
  2. 当社は、(カスタマイズプランまたはカスタマイズサービスを提供するなど)本サービスを提供する際にユーザーの合理的な協力、情報またはデータのアクセス権限を要求することができるものとし、ユーザーは速やかにこれに応じるものとします。
  3. システムのメンテナンス、修理及び更新のために本サービスを一時的に停止する必要がある場合を除き、当社は、出来る限り商業的に合理的な努力をもって、本サービスの運営を維持するものとする。サービスが一時停止となる予定がある場合、当社は商業的に合理的な努力をもって事前に本サービスを通し、電子による通知方法を用いてユーザーに知らせるものとすします。前記にかかわらず、本サービスに関するシステム障害が発生した場合、またはそのほかの本サービスを提供することができない場合、且つ上記のシステム障害または本サービス提供できないことが発生したのは、顧客またはサードパーティーサービス側のデータやシステムの原因である場合、当社はこれによる如何なる賠償責任も負わないものとします。
  4. ユーザーが本サービスの提供を受けるために必要な、コンピューター、ソフトウェアその他の機器、通信回線その他の通信環境等の準備及び維持は、ユーザーの費用と責任において行うものとします。
  5. 当社は、本サービスに関連しかつ合理的な範囲内でユーザーの指定チャンネルに関するプライバシーポリシーに関する修正、及びそれを消費者が閲覧しやすいように調整するように助言することができますが、義務ではありません。
  6. ユーザーは、本規約に基づき利用しもしくは提供するコンテンツ及び/またはいかなる個人情報はすべて適用すべき個人情報保護に関する法律に基づき、必要な事項(情報収集の目的や方法など)を情報主体に開示し、且つその同意を得たものであると当社に保証するものとします。ユーザーと消費者の間で行われたいかなる取引、コミュニケーション、争議など(個人情報に関するものを含みますがこれに限りません)はすべてユーザーの自己費用及び責任をもって解決すべきものであり、当社は一切関与しないものとします。
  7. 利用契約が解約された場合、ユーザーは、当社の指示に従い、本サービスを利用するために当社が提供したopen API を指定チャンネル及びユーザーのすべてのデバイスから削除しなければなりません。ユーザーが本項により当社が提供したすべてのopenAPIの削除を行わなかった場合、ユーザーは、当社が利用契約の解約後当該open APIを変更及び/または無効化をすることによりユーザーがいかなる損害(指定チャンネルにエラーなど)を被った場合において、当社はいかなる責任も負わないことに同意します。

第10条 機密情報

  1. 「機密情報」とは、本サービスに関連するため、またはいずれか一方の当事者(以下「開示当事者」という)の現在又は未来の運営にとって商業的価値もしくは他の利用価値を有する(もしくは有する可能性がある)ため他方当事者(以下「受領当事者」という)に開示するいかなる情報及び/または資料であり(開示当事者の現在または将来のビジネス運営計画、財務状況、顧客リスト、マーケティング活動、または技術関連情報を含むがこれらに限らない)、且つ開示当時に機密情報であることを明記し、もしくは開示時の状況または開示された情報の性質を鑑み、受領当事者が当該情報を機密情報として認識することが合理的であると考えるものを指します。機密情報は、以下のものを含みますがこれらに限りません:(i)情報開示当時、情報を記載している媒体や形態を問わず、「機密」もしくは類似な文字を記載されているすべてのもの、及び(ii)実務上、機密情報を開示した状況からすると普通智識を有する人が機密として認識する全ての情報。
  2. 前項にかかわらず、受領当事者がある情報について合理的に次のいずれかに該当すると証明できる場合、当該情報は機密情報に該当しません:(i)受領当事者が開示当事者から情報を受領する前に、受領当事者がすでに知悉しまたは取得したもの。(ii)開示当事者により情報開示を受けた以降、受領当事者の責に帰すべきではない事由により公開情報になったもの。(iii)受領当事者が合法的に秘密保持義務を有しない第三者から知悉しまたは取得したもの。(iv)受領当事者が機密情報を参考することなく独自に開発したもの。
  3. 本規約の約定は、いずれか一方の当事者が、いかなる裁判所命令、法律規程または類似する要請や調査等に従って他方当事者の機密情報を開示することを妨げません。ただし、前記の約定に基づき機密情報を開示する前に、受領当事者は合理的な努力をもって(i)速やかに書面をもって開示当事者に開示要請について知らせるものとし、且つ(ii)開示当事者の保護措置の実施に協力しもしくは最小限にとどまるようにつとめ、または秘密保持命令を取得するものします。
  4. 受領当事者は、開示当事者より同意を取得せず機密情報を開示することをもって、開示当事者にとって金銭的損害賠償も補えない実質的な損害をもたらすことを理解しているものとします。従って、受領当事者が同意を得ることなく機密情報を開示した場合、開示当事者は適用すべき法律に基づき差し止めまたはそのほか公正とされる救済、及びすべて可能な賠償を受ける権利を有します。

第11条 禁止行為

ユーザーは、本サービスを利用する際に、以下に定めた行為のいずれも行ってはなりません。ユーザーまたは指定チャンネルが下記条項のいずれかに該当する(または該当する虞がある)場合、当社はユーザーに対し本サービスを一時停止すること、及び/または利用契約を解約することができるものとします。

  1. 当社またはいかなる第三者が有する知的財産権、プライバシーに関する権利、名誉またはそのほかの権利や利益を侵害すること(直接的及び間接的な侵害行為を含みますがこれらに限りません)。
  2. 逆アセンブル、復号、逆コンパイル、リバースエンジニアリング及び/またはそのほかの方法で、本サービスに関するソフトウエアのソースコードの解明を試みること。
  3. 適用すべき法律または規定に違反し、犯罪を行い、または公序良俗に反する行為を行うこと。
  4. 虚偽、有害の情報または不適切なコンテンツ(違法なセクシュアル、猥褻や暴力に関連する情報、不法なもの、脅し、侮辱、ハラスメント、誹謗、騙し、詐欺、他人のプライバシーを侵害するもの、他人を成り済ましたもの、宗教、性別、性的指向、種族、民族、年齢や障害などを原因とする他人への迫害、ハラスメント、さげすみや脅迫を含むがこれらに限らない)を提供すること。
  5. コンピューター・ウイルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信すること。
  6. 当社の運営(本サービスの運営を含みますがこれに限りません)を妨害する虞がある行為をすること。
  7. その他、当社が当社の裁量で不適切であると判断する行為(利用契約に違反するものを含みますがこれに限りません)。

第12条 本サービスの中止

  1. 下記いずれかの状況に該当する場合、当社は本サービスの一部または全部を、ユーザーに対し事前に通知することなく、一時停止または中止できるものとします。
    a. 本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を緊急に行う場合。
    b. コンピューター、通信回線等が事故により一時停止した場合。
    c. 火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合。

  2. その他、当社が停止又は中止を必要と判断した場合。
  3. いかなる場合においても、本条に基づき当社が行った措置によりユーザーに生じた損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。

第13条 解約

  1. ユーザーが下記いずれかの状況に該当する場合、当社は、事前通知なく、本サービスを一時停止しもしくは利用契約を解約できるものとします。
    a. 利用契約のいずれかの約定に違反した場合。
    b. 申込情報に虚偽の記述が含まれたことが判明した場合。
    c.  適用すべき法律に基づき、支払停止若しくは支払不能となり、又は後見開始、破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合。

  2. 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、ユーザーは、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。
  3. いかなる場合においても、当社は、本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について一切の責任も負わないものとします。

第14条 利用契約に関する違約責任

ユーザーが利用契約に定められた義務を履行しないことまたは契約の約定に違反することにより、Appierに損害が生じ、または第三者からの主張もしくは請求を受けた場合、ユーザーはAppierにすべて必要な協力を提供し、Appierが被ったすべての損害(弁護士費用及び訴訟費用を含みますがこれらに限りません)を賠償するものとします。

第15条 声明と保証

  1. 当社はユーザーに対し下記の通りに声明し、保証します:(a) 当社は、利用契約を締結し、その義務を履行する十分な権利及び権限を有すること。(b)当社は、利用契約に基づきその義務を履行することは、当社が締結したほかの約定に違反しないこと。(c)利用契約は署名され引き渡されることにより、当社に対し効力を生じ、合法的なかつ拘束力を有することとなること。
  2. ユーザー当社に対し下記の通りに声明し、保証します:(a) ユーザーは、利用契約を締結し、その義務を履行する十分な権利及び権限を有すること。(b)ユーザーは、利用契約に基づきその義務を履行することは、ユーザーが締結したほかの約定に違反しないこと。(c)利用契約は署名され引き渡されることにより、ユーザーに効対し力を生じ、合法的なかつ拘束力を有することとなること。(d)ウイルス、ワーム、クラックプログラム、BOT、機械もしくは電子設備、コンピュータープログラムまたはそのほかの不正方法を利用し、本サービスに対しての妨げ、侵入、損害、変更または逆コンパイルをしないこと。(e)本サービスに対してのリバースエンジニアリング、もしくは本サービスのソースコードに対しての変更をしないこと。(f)いかなる時も反社会的勢力(以下に定義)と認定されないこと。(g)いかなる時も米国財務省外国資産管理局の制裁リスト(UnitedStates’ Office of Foreign Assets Control Sanctions List)に含まれないこと。
  3. 当社は、ユーザーによる本サービスの利用が、ユーザーに適用のある法令、業界団体の内部規則等に適合することを何ら保証するものではありません。ユーザーはこれについて自らで確認するものとします。ユーザーが、本サービスに関連してユーザーと第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、自らの責任において処理及び解決するものとします。
  4. 当社は、本規約に基づく本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能、本サービス内容の変更、本サービスの利用によるデータの消失又は機器の故障若しくは損傷、または当社の責に帰すべきではないその他本サービスに関連してユーザーが被った損害について、賠償する責任を一切負わないものとします。

第16条 保証の否認及び免責

  1. 本サービスは「現状」及び「現在明示的な条件の下」で提供するものとします。当社は、本サービスについて、いかなる明示的または黙示的な担保及び保証(特定目的における商品性、侵害の不存在、特定目的への適合性、そのほかの取引または契約履行のプロセスに関する黙示的な保証を含むがそれらに限らない)も行わない。また、当社は、本規約により提供するいかなるサービスまたはプラットフォームが常に利用可能であり、アクセス可能であり、中断されず、時宜にかなっており、安全であること、もしくはエラーなく運用されることを保証しない。
  2. 当社は、ユーザーに対し、次のいずれかの事由において一切の責任も負わないものとします:(I)ユーザーの作業または転送ミス、中断、削除、エラーまたは遅延。(II)通信転送の中断またはネットワークの混雑。(III)窃盗またはそのほか違法行為。(IV)許諾なく本サービスを使用し、または変更すること。(V) そのほか当社の責に帰すべきではない行為または事由。
  3. 本規約第7条を除き、利用契約に基づく契約の履行、不履行またはそれらにより生じるいかなる派生的、間接的、付随的、懲罰的またはいかなる性質の特殊損害賠償について、いずれかの当事者は、相手方に対し、相手方が被る関連の損害が契約違反、不法行為(重過失を含りますがそれに限りません)、またはいかなる責任理論(逸失利益、営業中断またはその他の経済的損失を含むがそれらに限らない)によるものか否かを問わず、且つ当該当事者が関連する損失または損害の可能性について知っているか否かも問わず、一方当事者が他方に対し責任を負わないものとします。
  4. 本サービス、本サービス又はコンテンツの使用に起因して、または上記の事由に関することをもって当社が関わる責任を負うこととなる場合、、当社への賠償責任が請求できた時点から遡って3ヶ月以内にユーザーから現実に受領した本サービス利用料金の総額を上限とします。

第17条 コンプライアンス

  1. 適用される法律に従って、ユーザーが反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、また適用すべき日本法律や規定に基づき、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)であり、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合、当社は、ユーザーに対し事前通知することなく、直ちに利用契約を解約することができます。
  2. 前項の約定に加え、ユーザーの取締役、監査役、従業員その他の構成員、株主、取引先、若しくは顧問その他のアドバイザーが反社会的勢力等であること、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていることが判明した場合において、その解消を求める当社からの通知を受領後相当期間内にこれが解消されないときは、当社は、ユーザーに書面で通知することにより直ちに利用契約を解約できるものとします。
  3. 適用される法律に従って、ユーザーが米国財務省外国資産管理局の制裁リストに含まれたと当社が判断した場合、当社は、ユーザーに対し事前通知することなく、直ちに利用契約を解約することができます。
  4. 利用契約がこの第17条に従って解約された場合、当社は、ユーザーがこれにより被ったいかなる損害についても賠償責任を負わないものとし、ユーザーは当社がこれにより被られたいかなる損害について賠償しなければならないものとします。

第18条 契約有効期間

双方当事者が別途で合意した場合を除き、利用契約の有効期間は、申込書またはオンライン注文履歴にて記載された開始日より、(i) 申込書またはオンライン注文履歴にて記載された終了日、または(ii)いずれかの当事者が利用契約に従って解約した日(いずれか早い方)までとします。いずれか一方の当事者が、有効期間満了の60日前に書面(またはダッシュボードやそのほか当社が指定する方法)をもって他方当事者に利用契約を更新しない旨を通知しない限り、利用契約は初回有効期間または各更新期間満了の翌日より1年間更新されるものとし、以降も同様とします。

第19条 連絡および通知

本サービスに関する問い合わせその他ユーザーから当社に対する連絡又は通知、及びその他当社からユーザーに対する連絡又は通知は、当社が別途での定める方法で行うものとします。

第20条 契約上の地位譲渡等

  1. ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
  2. 当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びにユーザーの登録情報その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第21条 分離可能性

利用契約のいずれかの条項又はその一部が、適用すべき法律等により無効又は執行不能と判断された場合、その余の部分の効力は妨げられないものとする。

第22条 存続規定

各条項の性質に応じて必要な範囲内に、第5条から第10条、第13条第2項及び第3項、第14条から第17条、第19条から第24条までの規定は利用契約の終了後も有効に存続するものとします。前記にかかわらず、第10条は利用契約終了以降3年以内に効力を有するものとします。

第23条 準拠法及び管轄

利用契約は、当社の締約する法人の所在地の法律に準拠し、解釈されるものとします。ただし法の抵触の原則は適用しないものとします。

  1. 利用契約がシンガポールの法律に準拠する場合、利用契約に起因もしくは関連して生じるいかなる問題もしくは争議(契約の存在、有効性または解約等を含みますがこれらに限りません)(以下「争議」という)は、シンガポールにおける仲裁に付託され、最終的に同仲裁により解決されるものとします。なお同仲裁は、当該時点において効力を有しているシンガポール国際仲裁センター(Singapore International ArbitrationCentre)の仲裁規則に従って行われるものとします。双方当事者が別途の書面による約定をした場合を除き、仲裁廷は仲裁人3人により構成されるものとします。仲裁手続きは英語にて行います。当該仲裁裁定は、最終的なものとして両当事者を拘束します。
  2. 利用契約が日本の法律に準拠する場合、すべての争議について東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
  3. 利用契約が台湾(中華民国)の法律に準拠する場合、すべての争議について台北地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第24条 紛争解決

当社及びユーザーは、利用契約に定めのない事項又は利用契約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。 

【初出: [2021/10/15]】